練習後に喉が痛くなったり、声がかすれる


基本的な発声が間違っている場合が多い

声を出す練習をした後に喉が痛くなることが多い人は、

基本的な発声に間違いがあると考えた方がいいでしょう。

本来正しい発声であれば、何時間声を出しつづけても

ほとんど喉に負担が来ないはずだからです。

こういう場合は、喉や声帯に力が入ってしまっている場合がほとんどだと思います。

無理に高音を練習してしまっていることも考えられます。

まずは、1番出しやすい音から更に出るようにしていくのが基本です。

この1番出しやすい所を練習していくことが

音域の広がりに繋がると考えてください。

最初から高い音域を練習するのは、

上達しないばかりか、喉にも負担が掛かってしまうのです。

首から上で歌うのではなく、首から下で声を出す感覚です。





ボイストレーニングファントップページへ戻る