深い声を作るトレーニング


スタッカート

ドレミレドの音程でハッハッハッハッハッと声を出します。

そして1番声の出しやすい音から上下に音程を変えて、続けます。

この時も音程が上下降しても声が上ずったり喉元で声を作らないで下さい。

なるべくお腹を使って出すという意識で胸部に響く感じで出しましょう。


レガート

同じ要領で、次ぎは声を伸ばします。

ハーハーハーハーハー・・・という具合です。

あまり慌てて早いテンポでやらなくてもいいので

先ほどと同じように声が上ずったり喉に力を入れないようにして下さい。

最初はか細い声にしかならないかも知れませんし、

伸ばす事自体難しいかも知れません。

しかし、これも基本的な練習やウォーミングアップの方法ですし、

長年続けていく事ですこしづつ変化していきますので

根気よく続けて見てください。

最初から歌の練習をしたい所だと思いますが、

その時間を声作りの時間に費やしたほうが絶対いいと思います。

カラオケチャンピオンになりたいだけなら、

歌の練習だけでいいかもしれません。

しかし、外国人のようなパワフルな声を出せるようになってから、

歌の練習に入っても遅くはないと思います。