腹式呼吸とは


腹式呼吸は、ボイストレーニングには必須

呼吸は、ボイストレーニングの1番重要な部分の1つです。

まず、呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸の2種類あります。

胸式呼吸というのは、肋骨の引き上げによって呼吸行っているものです。

息を吸う時に胸部の前の方が膨らんだり、肩が上がったりします。

腹式呼吸というのは、横隔膜の収縮によって呼吸をします。

横隔膜は、肺の下にあります。この横隔膜が

収縮する事によって息を吸います。

そして、それが緩まる事で息が吐き出されます。

ペットで犬を飼っている人は、よく観察してみて下さい。

(犬に限ったことではないのですが、)

暑い時や走ったあとにハァハァ息をしている時お腹が動いていると思います。

また犬の遠吠えというのは、発声の参考になるかなとも思います。

歌には、腹式呼吸が必要な理由

まず、声を強く出したり長く伸ばしたりするためには、息を自由に操れることが必要です。

腹筋・背筋で瞬時に息を吸えたり強く吐けるのは腹式呼吸です。

また胸式呼吸よりも腹式呼吸のほうが息を自由に操れるため

歌に向いているのは、腹式呼吸になります。



ボイストレーニングファントップページへ戻る