深い息を吐く


深い息を吐いてみる

まず、息を長く吐いて全部吐ききってみて下さい。

そこでもっと吐こうとするとお腹の横から後ろの筋肉に力が入りませんか?

これがボイストレーニングには重要なんです。

これが本当のお腹から声を出す=深い息を吐いていることに繋がります。

自転車の空気入れのポンプを思い出してください。(自分で押すタイプのです。)

効率良く空気を入れようとすれば当然1番上まで引き上げます。

そして思いっきり下に押し下げると思います。

この空間が長いほど空気の圧力が大きくなり、

力加減がコントロールしやすくなります。

これを発声に例えると

引き上げたポンプが横隔膜にあたり

腕が横隔膜を動かす筋肉にあたるといった感じです。

ですのでポンプの引き上げが浅い=肺呼吸ですと

声の強弱もつけにくいですし、長く伸ばしたりするのにも

向いていないということになります。

呼吸が浅い人は、速いテンポの曲はごまかせて歌えても

バラードなんかでは強弱が付けれない・伸ばせない

表現力の無いボーカリストになってしまうのです。

ですので、このお腹の横の筋肉にいつも負担をかけて

鍛えていくように心がけて練習して下さい。

声は、喉で出すという感覚よりも

お腹の中心あたりから出す感覚です。





ボイストレーニングファントップページへ戻る